ハンドメイド作品が売れない、理由は一つ!

ハンドメイド作家・販売

 

こんにちは まりんこです。

 

・せっかく作ったハンドメイド作品が売れない

・自分が作ったハンドメイド作品がなぜ売れないのかわからない

・ハンドメイド作品を売れるようにしたい

このような疑問にお答えしていきます。

 

ちなみに私はアクセサリー作家歴は約3年で実際にミンネやクリーマで販売実績があります。

ハンドメイド作品を売るために私が実際に行った方法を解説していきますね。


結論から言うと

「プロ意識を持つ」これにつきます。

では解説していきます。

 

なぜあなたのハンドメイド作品が売れないのか?

 

突然ですが、質問です。

ちょっとハンドメイドが得意だからってこれがお金になるならと軽い気持ちで

手作り感溢れる、作品のクオリティが低いものに値段を付けて売ろうとしていませんか?

ごめんなさい、少し言い方がきつかったですね・・・

実はコレ、アクセサリー作家を始めた頃の私自身の事なんです。

 

今思い返してみても恥ずかしい・・・

「家にいながら自分の好きな事でお金が稼げるなんてこんな楽しくてイイ事ない!」

「これでパート代稼げるようになったら家でゆっくり出来るぅー♪」

なんて、思っていたんです。

こんな安易な考えで始めた私、売れる訳がないんです。

 

写真は暗い、商品の説明文が短すぎ(面倒だからという理由で)

プロフィールは必要最低限(周りに内緒で始めたからバレるのが嫌だった)

 

本当に意識が低かった。

「意識高い系」なんて言葉があるけどそれに越したことはないです。無いより全然いい!!

プロ意識を持つ」と聞くと「いや私は資格なんてないし」という方もいますが

安心して下さい、ハンドメイド作家を行うのに資格は必要ありませんよ。

 

では何が必要で足りていないのでしょうか?

 

売れるハンドメイド作家になる為に私が変えたこと

 

私がまず変えたこと、

それは「自分の意識」を変えました。

 

「手作りが得意なお母さん」という意識を

私は「プロのハンドメイド作家!」という意識に変える!

 

私は「プロ意識を持つ」=「作品に責任が持てる」と考えています。

 

お客様に対して作品に対して誠実に責任が持てるかということです。

仕入れ、保管、製作、梱包、アフターケア

このすべてを「責任を持って誠実に行う」

お金を頂くのですから当たり前の事ですが

初期の私には大きく欠けていたところでした。

 

売れるハンドメイド作家のプロ意識とは?

プロ意識を持つ」なんて大げさな言い方かもしれませんが

簡単に言うとハンドメイド販売を「本気」でやる、継続するということ

ただ、がむしゃらに手あたり次第作業をすれば良いというものではなく

ハンドメイド作品を売るために何が必要なのか的確に改善実行し続けていく

私は「本気の覚悟」を持って行動しました。

甘えは捨てました。

それぐらい、ハンドメイド作品を売るという事は難しいことだと実感していました。

頑張って作った作品が1つも売れない、最悪はPV数(作品を実際に見てくれた方の数)が

0人なんて日もよくありました。

でもね、本気で向き合って作業をしていくとPV数が増えて注文が入るようになりました!

 

私が行った売れるハンドメイド作家になるためのステップ5

 

意識を変え、次にやる事は下記になります。

難しそうに見えますが大丈夫です^^

一つずつ確実に進めて行きましょう!

 

売れるハンドメイド作家になるための最初のステップ5

 

気になることや出来そうなところからでも良いですが、上から順番に進めて行くことをお勧めします。
一つ一つ、別の作業に見えて繋がりがあるからです。

 

現実は行動し続けたハンドメイド作家だけが残る世界

ハンドメイド販売ブームのピークは本当に越えたのだろうか?

ハンドメイド販売の世界は作家さんが溢れかえっています。

作家のほうが購入見込み客を超えているのでは?と思うくらい

ミンネには作家登録者数50万人以上、クリーマは13万人超えとなっていますが

こんなに作家が溢れていても、売れている作家さんは沢山いらっしゃいます。

実際、同じような作品も多数見かけますから比べる作品もあるわけで

その中で埋もれないような努力をしなくてはいけませんね・・・

とはいえ、みんながみんな作家活動している訳ではなく、

  • 作品が売れなくて辞めたけど削除してない人
  • やる事があり過ぎて、やり続ける気力を無くしてしまった人
  • 思っていたより売れないからやる気が萎えてしまった人
  • 登録しただけで行動していない人

こんな方がたくさんいらっしゃいます。

実際に私も上記の「売れないからやる気が萎えてしまった人」でした。

半年近く、思考停止状態でパートに励んでいました。

その半年が「もったいない!!」って今は思います。

まとめ

 

ハンドメイド作品が「売れない」→「売れた」になる為には

「意識」を変えて「本気」になるということです。

そして、その「プロ意識」を持って的確な改善実行を続けることが

何よりも大切だということをご理解いただけたでしょうか?

 

何もやらないより、行動した人だけが成果を上げます。


そして、行動し続けた人だけが残る世界だと思います。

 

私の経験を伝えることで、少しでも多くの悩める作家さんの力になれば幸いです。^^