子供の一人暮らし準備~契約完了まで~リアルな金額公開!!

子育て・暮らし

お部屋を借りる時ってどんな手続きをするの?

すぐ終わる?

住めるようになるには何日かかるの?

こんにちは、まりんこです。

2020年春から息子が一人暮らしをはじめます。
平日は仕事をしており、週末しか時間がない!
また遠方であったため引っ越し先の物件は1日で決めました。
物件を見に行ってから引っ越しが始まるまで1か月弱
実際に動き出したらわからない事、はじめての事も多く
その時のことをまとめました。

今回は「子供の一人暮らし準備・契約完了まで」をお話して行きます。

お子さんの一人暮らしの準備をする親御さんの参考になればと思います。

子供の一人暮らしのお部屋を決めた後の仮申し込みから契約完了まで

お部屋を決めたら契約手続きに入ります。

でも、すぐ契約完了とはいかないのが賃貸借契約。

手順としてはコチラです↓

契約者や申込金と入居審査についてはこちらのページで解説していますので参考にして下さい。

子供の一人暮らし準備~お部屋を1日で決めた時にやったこと~

仲介業社の事務所に戻ったら、「申込書類の記入」・「入居日」を決める事から始まります。
その時に契約者(親権者)と入居者(子供)の身分証明書を提出しコピーをとってもらいます。
入居審査用の書類」まで進みましたら「重要事項説明」に移り最後にサインをします。
決算金明細書」の説明を受けて「申込金」を支払います。

入居審査」が通るまで数日かかるので、ここまででこの日は終了!

(事務所に戻ってから1時間ほどで終了)

難しい契約の話ばかりなので、必ず不明なことは必ず説明を受けているときに確認して下さい。

でも、自宅に帰り終わりではありません。
決算金明細書」の説明のタイミングで本契約時に必要な用意しておくべき
必要書類の説明があります。(我が家の場合は下記になりました)

  • 契約者(親権者)・・・ 源泉徴収証、実印、住民票、顔写真
  • 入居者(子 供)・・・ 住民票、顔写真
  • 保証人(わたし)・・・ 実印、印鑑証明書、源泉徴収証

用意に時間のかかる物もありますので事前に用意しておくことをオススメします。

審査が通り早くて5日後に仲介業者から各種契約書が送られてきます。
確認・記入・押印して必要書類を添付して指定された期日までに届くように返送
残りの契約金を指定された期日までに振り込みます。

入居日には仲介業者へ鍵を貰いに行き、説明を受けて契約は完了となります。

我が家は
2月2日に物件探しと申込みをし、10日に書類が届きました。
支払い期限が15日、書類提出期限が18日、入居日は23日でした。

約20日あれば物件の準備は出来るようです。

スムーズに進んだのもやはり事前に必要書類を揃えて置いたことが大きかったといえます。

まりんこ家の子供の一人暮らし準備・本契約で支払ったお金の話

最後に、まりんこ家が息子の一人暮らし部屋の契約の際に支払った金額を簡単に紹介します。

  • 敷 金      50,000
  • 礼 金      50,000
  • 日割家賃     10,862
  • 家賃(3月分)    45,000
  • 共益費(2月分)    1,207
  •    (3月分)    5,000
  • 水道代(3・4月分)   3,297
  • 害虫駆除費用   22,000(クリーニング込み)
  • 安心入居サポート 16,500
  • 消火器          6,380
  • 家賃保証会社   15,000
  • 仲介手数料    24,750
  • 合 計     ¥249,996  (内・申込金 69,750)

大きい金額が動きますのでしっかりと準備しておきたいものです。

今回は以上になります。お子さんの新しい生活準備のお手伝いが出来たら幸いです^^